2005年 04月 17日
高田渡さんが亡くなられました…。
日本フォークの黎明期を支え、その独特の視点と語り口によって素晴らしい歌を我々に届けてくれた高田渡さん。病気の療養中というニュースは聞いていたのですが、残念ながら亡くなられてしまいました。本当に悲しく、やり切れません。

高校のとき氏の作品に触れて以来、その世界観、人生観に深い感銘をうけ、常に尊敬させていただいてました。
大学に入って、上京して、初めて観た故人のライブ。本当に素晴らしかった。優しくて、それでいてシニカルで、音楽や人間への愛に溢れていて…。握手してもらった時の手の感覚と優しい笑顔は本当に忘れられません。
c0075476_1322971.jpg
音楽的なことだけでなく、氏の歌や人間に対する暖かな視点といったものに大きく影響を受けました。
歌は常に民衆のものであり、生活者のものである。生活の痛みや喜び、そういったことを歌に託す。

胸がいっぱいになってきてしまったよ。死んでしまうには本当に早すぎるよ。

心からご冥福をお祈りします。本当にありがとうございました。
天国ではあなたの好きなお酒を心行くまで呑んで下さいね。
[PR]

by beatken | 2005-04-17 01:32 | review


<< green on red “...      あら不思議 >>