<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 07日
Hank Dogs “Bareback” (1998)
フェアポート・コンヴェンション、ニック・ドレイク、これら英国フォーク界における超重要アーティストは、共にジョー・ボイドというアメリカ人によってプロデュースされ、後見されたという点で共通点があります。そして共ににその後の英国フォークの歴史を塗り替えてしまった歴史的アーティストとして音楽ファンの間で永く記憶される人たちです。

c0075476_23552887.jpgそして今回紹介するハンク・ドッグスというグループこそ、その素晴らしい見識を持つプロデューサー、ジョー・ボイドがニック・ドレイク以来約30年ぶりに手がけた英国フォークの正統を受け継ぐグループということなのです。こうなると往年のファンも色めき立つというものですが、後追いファンの僕にとってさえこの事実はとても魅力的なことなのでした。
しかし、新人グループにとって、そもそもそういった伝説の亡霊を背負いながら活動するのは不幸なことかもしれません。自分達のオリジナルな部分を聴いてほしいのはもちろんのこと、そういった伝説的要因が絡んでくることによって不用意な期待や、思い入れを聴き手が抱いてしまいかねないから。
そういうこともあって、僕も初めてこのバンドを聴くとき、前述のような情報を切り離して聴かなければなどと気張っていたのでした。

しかし、実際に聞いてみてどうでしょう。あまりの予想を上回る素晴らしさに半ば驚きを覚えてしまいました。確かに正統的に英国フォークの歴史を受け継いだ音楽性であることには間違いないのですが、それよりもむしろ耳を奪われてしまったのはそのコンテンポラリーな感覚なのでした。シンガーのピアノ(変わった名前ですね)の声、アンディのギター、それぞれが70年代には無かった極めて現代的な響きを持っているように感じるのです。現在のバンドなのだからあたりまえだろうと言えばそれまでなのですが、それにもましてこういったある程度伝統や形式的美学が重視されるジャンルでここまでの現代的なみずみずしさを表現できるというのはとても凄いことである気がします。まるでアニー・ディフランコを思わせるような歌声、手垢の付いた表現ですが、極めてオルタナティブな音響を生音で紡ぎ出すギター、演奏。どこか伝統的な雰囲気をたたえながら無二の個性を演出するその新鮮さ。いいようの無い感動を覚えてしいました。

思えば、70年代のトラッドロックの時代から、こういった(その当時における)現代的解釈でのフォークロアの再考という傾向はあった訳で、そのことを考えれば、こんな風に新世紀において再びフォークロアをポピュラー音楽として回収しようという試みもある種正統なものであるといえるのかもしれません。しかしその試みの系譜は、日々絶え間ない変化をしていくロック・ミュージックの精神性によるものであったはずであり、このようにみずみずしい音楽を作り出しえたのも、このハンクドッグスが同時にロックのスピリットを正統に受け継ぐものたちであったからかもしれませんね。そんなことを考え、フェアポート・コンヴェンションからニック・ドレイクへと続く英国フォークの系譜に思いを馳せてみた時、凄くロマンティックな気分になったりするのでした。

僕にとってハンク・ドッグスの音楽は確かに唯一のものである一方、先述のような伝承のロマンをも強烈に感じさせるものでもあります。
新しくて古い、しかし確実に新しい、そんな素敵な音楽です。

「温故知新」の言葉の意味を考えさせられました。

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-07 23:56 | review
2005年 06月 07日
The Grease Band “The Grease Band” (1971)
英国スワンプの本流はこのバンドにあり。後にパブロック人脈なども巻き込みつつ発展する英国スワンプの水脈はこのバンドの面々のしぶとい活動によって支えられているといってよいでしょう。
特にギターのヘンリー・マッカロクは、このあとポール・マッカトニーのウィングスなどに参加しながらメインストリームをも巻き込んでイギリス中にドロ臭シンドロームを仕掛けていく裏街道的最重要人物です。(でも結局ポールと対立してすぐに脱退してしまいましたが…。ポールのことをぶん殴って辞めたらしい…。図太い奴。)
他にもギターのニール・ハバードとベースのアラン・スペナーはホワイトファンクバンド、ココモのメンバーとなる人物であるし、他のメンバーもその後事あるごとに英国B級(褒め言葉)シーンでいい仕事を納めていくんでした。
地下水脈的に流れるイギリスのシーンにはいつも彼らのようないい意味で最高の趣味人達の足跡があります。この辺がイギリスのロックを聴き進めていくにあたっての最高にスリリングでロマンティックな所であると思います。

英国スワンプの本流はこのバンドにあり。後にパブロック人脈なども巻き込みつつ発展する英国スワンプの水脈はこのバンドの面々のしぶとい活動によって支えられているといってよいでしょう。
特にギターのヘンリー・マッカロクは、このあとポール・マッカトニーのウィングスなどに参加しながらメインストリームをも巻き込んでイギリス中にドロ臭シンドロームを仕掛けていく裏街道的最重要人物です。(でも結局ポールと対立してすぐに脱退してしまいましたが…。ポールのことをぶん殴って辞めたらしい…。図太い奴。)
他にもギターのニール・ハバードとベースのアラン・スペナーはホワイトファンクバンド、ココモのメンバーとなる人物であるし、他のメンバーもその後事あるごとに英国B級(褒め言葉)シーンでいい仕事を納めていくんでした。
地下水脈的に流れるイギリスのシーンにはいつも彼らのようないい意味で最高の趣味人達の足跡があります。この辺がイギリスのロックを聴き進めていくにあたっての最高にスリリングでロマンティックな所であると思います。

さてこのアルバムですが、1971年にリリースされた彼らのファースト作です。かれらがそれまでバックバンドを請け負っていたジョー・コッカーが前年にレオン・ラッセル一派に寝返ったために(そういう英米の関わりみたいなものも最高にワクワクするわけですが…)彼らは職を失ってしまい、それならというので自分達でレコードデビューを果たすんでした。デビューといっても彼らの実力は一朝一夜のものではなく、折り紙つきのものであったため、このアルバムでの演奏は実に堂に入ったものとなっています。単純にアメリカ音楽のコピーに終わることなくほのかに湿った英国臭さを醸し出しているのがミソで、この味が解ってしまうともう病みつきのシブさがあるわけです。
異様なまでにユルイ独特の雰囲気、だらしないと言ったら語弊があるかもしれないですが、変に弛緩したぶっきらぼう加減がも堪らないんです。特にヘンリー・マッカロクのギターとボーカルc0075476_22462245.jpgときたらどうでしょう。酔っ払ってんじゃねえのかとつい疑ってみたくなるほどに(実際に酔っ払ってる可能性大ですが)演奏が放蕩としてます。ダル~なリフとフレーズをネッチネッチこねくりながらムワ~とした声で歌われるその世界からは、確実にロックの美学に裏打ちされいい意味での「テキトーさ」が感じられます。とはいっても実際にはそこまでどうにでもなれ的に適当にやってる訳じゃなくて、思いのほか確かな技術と気概に支えられてる、その感じ。その感じこそがキモなんだと感じます。そういうトコこそがこのバンドの魅力であると思うし、ホントにカッコいいんだよなあ。
そして勿論ヘンリー以外にも彼を支えるバックの連中がまた最高なわけで…。特にリズム隊の、ナメてんのかと思うくらいのヨレぶりとかがホントたまりません。ドックンドックンいいながら強烈な臭みとスワンプ臭を撒き散らし、聴き手を一気に濃い~い泥水地帯へと誘います。

こんなにも天然っぽいバンドって他にあまりいない気がしますし、同時にどっか計算しているようにも思わせる。どっちにしてもまあ、あんま驚かないというか、でもこれでこいつらがインテリの連中だったら世の中わかんねえな、と思わせるそんな雰囲気こそ評価すべきかもですね。少なくとも今の時代にこんな奴らいない気がします。その点でもすごく讃えたい。

是非この独特のテイストを味わってみてください。さてこのアルバムですが、1971年にリリースされた彼らのファースト作です。かれらがそれまでバックバンドを請け負っていたジョー・コッカーが前年にレオン・ラッセル一派に寝返ったために(そういう英米の関わりみたいなものも最高にワクワクするわけですが…)彼らは職を失ってしまい、それならというので自分達でレコードデビューを果たすんでした。デビューといっても彼らの実力は一朝一夜のものではなく、折り紙つきのものであったため、このアルバムでの演奏は実に堂に入ったものとなっています。単純にアメリカ音楽のコピーに終わることなくほのかに湿った英国臭さを醸し出しているのがミソで、この味が解ってしまうともう病みつきのシブさがあるわけです。
異様なまでにユルイ独特の雰囲気、だらしないと言ったら語弊があるかもしれないですが、変に弛緩したぶっきらぼう加減がも堪らないんです。特にヘンリー・マッカロクのギターとボーカルときたらどうでしょう。酔っ払ってんじゃねえのかとつい疑ってみたくなるほどに(実際に酔っ払ってる可能性大ですが)演奏が放蕩としてます。ダル~なリフとフレーズをネッチネッチこねくりながらムワ~とした声で歌われるその世界からは、確実にロックの美学に裏打ちされいい意味での「テキトーさ」が感じられます。とはいっても実際にはそこまでどうにでもなれ的に適当にやってる訳じゃなくて、思いのほか確かな技術と気概に支えられてる、その感じ。その感じこそがキモなんだと感じます。そういうトコこそがこのバンドの魅力であると思うし、ホントにカッコいいんだよなあ。
そして勿論ヘンリー以外にも彼を支えるバックの連中がまた最高なわけで…。特にリズム隊の、ナメてんのかと思うくらいのヨレぶりとかがホントたまりません。ドックンドックンいいながら強烈な臭みとスワンプ臭を撒き散らし、聴き手を一気に濃い~い泥水地帯へと誘います。

こんなにも天然っぽいバンドって他にあまりいない気がしますし、同時にどっか計算しているようにも思わせる。どっちにしてもまあ、あんま驚かないというか、でもこれでこいつらがインテリの連中だったら世の中わかんねえな、と思わせるそんな雰囲気こそ評価すべきかもですね。少なくとも今の時代にこんな奴らいない気がします。その点でもすごく讃えたい。

是非この独特のテイストを味わってみてください。

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-07 22:47 | review
2005年 06月 06日
Merle Haggard & the Strangers “I'm a Lonesome Fugitive” (1967)
というわけで前回に引き続いて今度はバック・オウエンズに次ぐベイカーズフィールドサウンドの大スター、マール・ハガードの作品をレビューしてみたいと思います。

何を隠そうこの人こそがあのグラム・パーソンズが最も憧れた人なんですね。マール・ハガードというと一般的には反ヒッピー歌である「オーキー・フロム・マスコギー」という曲をヒットさせたスクエアなオジンというイメージがあるかもしれません。しかし実のところ、この人自身元々からして生粋のアウトローであり、ただ単純に「国を愛する良識ある大人」としての立場から先の歌を歌った訳では決して無いと思います。彼の内には、深い孤独や反骨の精神や放浪の精神が染み付いていたはずであり、先の曲はそういう男からの、浮き足立った当時の開放思想への皮肉であり、そういったヒッピー文化の持つ危うさへの警鐘ではなかったかと今にして感じられるわけです。(実際に歴史はその後ルーツと内省を経過していく訳だが…)そして、グラム・パーソンズや一部の思慮深いミュージシャン達はそういったことを理解していたからこそ彼を信望したんだと思います。

c0075476_2541444.jpgこの作品は、彼と彼のバンド、ストレンジャーズ(泣かせるバンド名…)が最も脂に乗り切っていた時期(1967年)の作品であり、奇しくも前回のバック・オウエンスの作品とほぼ同時期なんです。それだけこの時期のベイカーズサウンドの充実ぶりが素晴らしいということですね。
軽快なロッキンビートに乗って小気味よい演奏が繰り広げられるという点ではバックと変わらないのですが、何といっても彼の特長的な面といったらその哀愁を含んだスタイル、特にボーカルだと思います。バックの場合はバラードを歌っていてもどこか明るく、あまり後ろ向きな感覚というものを受けないのですが、ハガードの場合はどこか寂しげな、それでいて無骨な不良っぽさに溢れている気がするのです。やはりこのことは彼の人生観が波乱に富んだならず者としての美学に貫かれているからなのでしょうか。有名な話として、巨人ジョニー・キャッシュのサンクエンティン刑務所でのライブ盤に、「聴衆として」参加しているという逸話があります…。民衆歌としての、はぐれ者の音楽としてのカントリーミュージックというものを最も体現しているのがキャッシュとハガードであるかもしれません。
そしてそういった部分にこそグラムが心酔した要素があるのかもしれませんね。余談になるんですが、現在マール・ハガードはあのエピタフ・レコード(!)傘下のレーベルに所属し活動しています。アウトローな精神性が今も活き活きとして受け入れられ、「オルタナカントリー」として認識されているという事実を知るにつけ、何か熱いものを感じてしまうのでした。


追記になるのですが…。
このレビューを書くためにアマゾンのページを見ていたらビックリしてしまいました。異様に安いんですね!新品CD。700円とかそれくらいでこの時期の名作群が買えてしまうみたいです。これは嬉しいなあ。興味ある方は是非気楽な感じで注文してみてはいかがでしょうか?

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-06 02:54 | review
2005年 06月 06日
Buck Owens And His Backaroos “Roll Out The Red Carpet” (1966)
ナッシュヴィルのカントリーが極度にポピュラー化しつつあったとき、西海岸ではそれに反旗を翻すような形で実に興味深いシーンがありました。古くはマドックス・ブラザーズ等に代表されるシーンで、南部産のものには無いどこかカラっとしたサウンドが特徴的な俗に言う「ベイカーズ・フィールド・サウンド」というやつです。
そして実はこれこそカントリーロック誕生の直接的な起爆剤になっているんですよね。特にここに紹介するバック・オウエンズや、マール・ハガードなどのスターの60年代録音における感覚は、グラム・パーソンズ参加期におけるバーズのサウンドの持つそれと本当に近しいものを感じます。
ロッキンで軽快なカントリーという意味では同時期のテキサスのシーンなどがありますが、ベイカーズフィールドの場合、それをもっとソリッドに、もっと言えばロックに展開しています。このあたりの傾向が、ポストサイケデリックの時代に新しい音楽を思索していた若きグラム・パーソンズやクリス・ヒルマン等の進んだミュージシャンにアピールした部分なんじゃないでしょうか。
極めて軽快なリズムの上で二本のテレキャスターが小気味よく疾走し、そこにスティールギター絶妙に絡んでくる…。まさにあのバーズが名作『ロデオの恋人』の上で展開していたサウンドの原型がここにあると思います。最終的にこのバック・オウエンスのスタイルをより8ビート化していったのが後のカントリーロックの偉人達である訳で、やはりカントリーロックという音楽は何もポッと出で発生したムーヴメントではないということがわかります。
また面白いことに、そうした経緯で生まれたカントリー・ロックが最終的にはナッシュヴィルのシーンに影響を与え、例えばエリアコード615などの極めて先鋭的なミュージシャンの一派が浮上してきたりと、一筋縄ではいかないアメリカポピュラー音楽の絵巻図のようなものに感じ入ってしまったりします。


c0075476_2503959.jpgさてこのアルバムはバック・オウエンスと彼のバンド、バッカルーズが最も脂に乗っていた60年代半ばに発表されたものです。彼のような人の場合、駄作いったものはあまり無く、初めて聞くべきアルバムがこれでなくてはいけないといったようなこともありません。(ただし、稀にあるクリスマスソング集やスタンダード集といったものは初めての場合避けられたいですが。)しかし、前述の通り、このアルバムが発表された1966年頃というのは彼らの全盛期でもありますし、そして何よりカントリーロック成立の歴史を見た上でこの時期のアルバムというのはとても興味深いものだと思うんです。グラム・パーソンズなどは恐らくこの辺りのアルバムを通してカントリーロックへのモチベーションを高めていったはずですし、彼らが青春期に聞いていたであろうレコードはこういったものだったんだろうな、などと想像しながら聴くのもまた一興でないかなと思います…。

でももちろんそういったカントリーロックとの絡みにおいてのみ楽しむというよりはむしろこの時期のベイカーズ・フィールドサウンド独特の旨み、カッコよさを味わってみるというのが正統でしょうね。このゾクゾクするほどのアンサンブル、軽妙さ、フレッシュな演奏、どこをとってもカッコいい!


ちなみに僕の持っているのはLPでしかも恐らくオリジナル盤なんですよね。そしてその音のいいこと!これがアメリカの音なのかしら、なんて勝手に思っています。
でも現在入手できるCDはここらへんのことを本当によくわかってる優良レーベルのサンデイズドレーベル(いつもお世話になってます)がリイシューしたものなのでかなり雰囲気のある音になっていそうですね!普段はガレージパンクなどのリイシューをなりわいとしているサンデイズドレーベルからこうした作品がリイシュー(しかもバック・オウエンスに関してはもの凄いカタログ量!)されていること自体に深い感慨を禁じえません。


長々と書いてしまいましたが、このバック・オウエンス、カントリーロック好きなんだけどそれ以前のカントリーも聴いてみようかしら、という方には本当におススメですよ!是非。

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-06 02:51 | review
2005年 06月 05日
Peter Rowan “Peter Rowan”(1978)
キザで、ユーモアがあって、温かくて…。
普通のカントリーミュージックとも違う、かといってカントリーロックでもないような…。それでいてテックス・メックスな風味などもあったりして。そこはかとなくトロピカルな風をも感じるような、そんな不思議な作品。

c0075476_14514.jpgこのふんわりとしたソフト・サウンディングな音がとても気持ちよいんです。とはいってもナッシュビル産の如才ないポップカントリー(好きですが…)とも違って確かにどこかヒップでロックなスピリットが宿っていたりもするんです。それはやはりこの人が元々アースオペラやシートレインなどといった先鋭的なルーツミュージックをやるバンドにいたっていうのが大きいんだと思います。伝統的なスタイルを踏襲しながらもほのかに時代の匂いを忍び込ませるような、そんなお洒落さってどこかこの時期のアコースティック・スウィングの人達と共通するところがある気がして、とても嬉しくなっちゃいます。

この作品がFlying Fishというインディーレーベルからひっそり出された1978年、はたしてどれだけの人がこうした豊かなルーツミュージックの魅力を享受できたのだろう。あの時代にあってこんなにもノンビリした、マイペースでルーツな作品を残すなんてなんてヒップな人だろうか。時代の流れに乗らないことがヒップな場合もあるんだ。

それにしてもこの洒落っ気はどうだろう…。あくまで楽しく、お茶目に。理屈抜きにウキウキしちゃう。これこそグッド・タイム・ミュージック…。

女の子とかにも受ける気がするんだけどどうかな。お試しを…。

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-05 01:05 | review
2005年 06月 05日
The Rolling Stones “Tattoo You”(1981)
冷静に考えて、あるいは先入観を抜きにして考えて、ストーンズならではの魅力がこんなにもストレートに感じられるアルバムもあまり他に無いんじゃないだろうか?どうしても「Start Me Up」のプロモ等におけるミックのエアロビクス的なキャラクターをイメージしてしまいゲッソリしがちだけれど、そういうトゥー・マッチな演出を除いて考えればこんなにストーンズ独特の良さを全体を通して体現しているアルバムは無いと思います。
しかしながらかく言う俺も昔これを初めて聴いたときは何か馴染めなかったのも事実。名作名作言われてるけどそんなもんかな、程度にしか考えて無かったです。今、それを反省しています。

c0075476_104699.jpg実のところこのアルバムは、ミックのキャラよりキースの凄さや彼の才能が充実しているんですよね。例の「弾かないギター」に磨きがかかり、もうプレイ全体が円熟と言っていいくらいの域にあって、このギターを聴いているだけでもう快感です。「Start Me Up」におけるリフの完成度、円熟度といったらもうThis is Stonesっていう風格ですし、ロックギタリストとしての彼のカッコよさにあらためて惚れ惚れしちまうんです。
それと曲のよさが凄く際立っているアルバムでもあります。軽く流しているようで渋く決めるロックンロール・チューン「Hang Fire]、切ないメロディーとミックのボーカルが素晴らしすぎる「Waiting On A Friend」、その他全ての曲が粒ぞろいで隙が無いように感じます。B面における怒涛のストーンズ流ソウルの応酬。それまでで最もソウルを違和感無く消化したストーンズがここにあると思います。ゲスト参加した巨匠ソニー・ロリンズのテナーに食われることなく自分達のペースでこんなにも豊かな演奏ができるのだから本当に凄いですよね。

次作以降ほどニューウェイブ色も強くなく、特に何か新しいことに取り組んだということでもないので一聴した限り地味な感じを受けますが、この独特のロックンロールはストーンズ以外に成しえないものだと思います。


追記:

この時期のライブ盤である名作「Still Life」を併せて聴くと魅力倍増!この時期のストーンズはホント最高!

<しばさき>
[PR]

by beatken | 2005-06-05 01:02 | review