2005年 05月 01日
Alex Chilton “Cliches” (1993)
c0075476_2464494.jpgアレックス・チルトンというと、かつてのファンには60代のボックス・トップス時代における若きソウル・シャウターという印象が、近年のオルタナ以降のファンにとっては伝説のビック・スターを率いた元祖パワーポッパーという印象が強いところでしょうが、このアルバム(1993)における彼は、そのどちらのファンをもいい意味で裏切るようななんとも彼らしくない世界を繰り広げています。いや、「らしくない」という表現は適当でないな。表面的、音楽的には確かに「らしくない」けれど、そこから立ち上る精神性は紛れも無く世紀の天才(変態)アレックス・チルトンという男そのものなのである。

ここでの彼は己のギター以外何一つ従えていない。頼るものは己の声とアコースティック・ギター一本のみ。えっ、ではフォークの弾き語りをやっているのですかといえばそうでもなく、なんとここで彼は意表をついて往年のジャズスタンダード、果てはバッハの楽曲にまで取り組んでいるのだから凄い。
コール・ポーターからチェット・ベイカーナンバーをギター片手に。こう書くといかにもお洒落で小粋なカフェ・ミュージックなんかを想像してしまうが、この男のことなので一筋縄にはいかない。確かに表面的に聞こえてくる音は非常にエスプリの効いた洒落っ気のあるグッドミュージックではあるのだが、醸し出す空気感がどこか異様なのだ。その妙な雰囲気を形容するのに適当な言葉が見当たらなくて困るのだけれど、いうなればやはりこれはロックのフィーリングであると思う。とても流暢にギターを弾き歌うので聴き逃しがちであるが、よく聴くとそのギター・プレイには若干のルードさや退廃的感覚が満ちていることに気付かされる。

考えてみれば本来、ジャズとはそのように「ロック」なものだったはずでなかろうか。チェット・ベイカーの歌と演奏を聴いてみよう。退廃と哀歓に満ちた響きに気付くだろう。如才なく晴れやかで、安定的で安全なジャズなんて本当のジャズではない。
残念ながらそのように「大人の嗜好品」と化してしまったジャズとジャズ文化そのものに対する痛烈なアンチテーゼとして彼はこのアルバムを録音したんじゃないだろうか、などと考えてしまう。

このアルバム、音の心地よさに何となく聞き流していると手痛いしっぺ返しを食らうことになるから注意が必要だ。
これはマジでカッコいい。紛れも無いロックであると思う。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-05-01 02:47 | review
2005年 05月 01日
green on red “Here Comes The Snakes” (1988)
USインディーズ、ポスト・パンク勢の中でも最もルーツ・ミュージックに接近していたのがこのバンドではないかと思う。最初期には、まるでクランプスかともいうようなゴシック的なガレージ・サウンドを鳴らしていた彼らだったが、現在アメリカーナ・シーンで渋い輝きを見せている名ギタリスト、チャック・プロフェットが加入したあたりから独特のルーツィな味を発揮し始めたようだ。実はアラバマ出身という出自からも納得の転向ではある。当初は、あのブラスターズやロス・ロボスが在籍したことで名高い名インディーレーベル、Slashに在籍していたこともあり、そういったレーベル・メイトの活動にも刺激を受けながら、カントリーなどのルーツ・ミュージックに視野を広げていったのかもしれない。

c0075476_1414471.jpg
このアルバムは、これまた名インディー、レストレスに移ってからのもので、これまでのルーツ路線をさらに深化、多様化させたバンドサウンドが聞ける。どちらかというと地味になりがちだった曲想にメリハリをつけることで完成度を増した。その代わりインディーバンド特有の程良いアマチュアリズムは薄まったように感じるが、こういった変遷や成長を味わうといったこともこの手のバンドを聞く時の醍醐味であるといえる。

歪んだギターが激しく動き回りながらも、どこかやるせない歌が響く。こいつら本当にニール・ヤングのことが好きなんだろうな、と聴いていてふと思ってしまう。それだけルーツミュージックへの視点は本当に確かなものだ。あのドニー・フリッツの名曲、‘We Had It All’の素晴らしいカヴァーを聴いているとその想いをさらに強くするのだ。

現在のオルタナ・カントリーのシーンを考えた時、このバンドがつけた先陣というのは本当に大きいものであると思う。パンクを通過したルーツ・ミュージックというアイデアをここまでの形で具現化し、後続へ手本を示したという点でとても重要だ。忘れ去られるには惜しいバンドである。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-05-01 01:44 | review
2005年 04月 17日
高田渡さんが亡くなられました…。
日本フォークの黎明期を支え、その独特の視点と語り口によって素晴らしい歌を我々に届けてくれた高田渡さん。病気の療養中というニュースは聞いていたのですが、残念ながら亡くなられてしまいました。本当に悲しく、やり切れません。

高校のとき氏の作品に触れて以来、その世界観、人生観に深い感銘をうけ、常に尊敬させていただいてました。
大学に入って、上京して、初めて観た故人のライブ。本当に素晴らしかった。優しくて、それでいてシニカルで、音楽や人間への愛に溢れていて…。握手してもらった時の手の感覚と優しい笑顔は本当に忘れられません。
c0075476_1322971.jpg
音楽的なことだけでなく、氏の歌や人間に対する暖かな視点といったものに大きく影響を受けました。
歌は常に民衆のものであり、生活者のものである。生活の痛みや喜び、そういったことを歌に託す。

胸がいっぱいになってきてしまったよ。死んでしまうには本当に早すぎるよ。

心からご冥福をお祈りします。本当にありがとうございました。
天国ではあなたの好きなお酒を心行くまで呑んで下さいね。
[PR]

# by beatken | 2005-04-17 01:32 | review
2005年 04月 10日
あら不思議
mixiの方にも載せたんですが凄いのモノを発見。

何じゃこりゃ。
c0075476_22575681.jpg

まずは上の絵を見てください。そして絵の真ん中に辺にある小さい数個の点を暫く見つめてください。
次に近くにある壁を暫く眺めてみてください。
何か見えてきませんか?

いやあ、びっくりしましたよ。

試した方は感想をお教えください。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-04-10 22:59 | etc
2005年 04月 04日
The Youngbloods “High On A Ridge Top” (1972)
c0075476_3103450.jpg
このユルさ、ゆったりしたグルーヴ感は他に得難いヤングブラッズならではの味。
ヒッピー・コミューンの幻想が挫折しようが時代が変わろうが、心から音楽を愛する連中はそんなことなど意に介さず、有機的で心地いい関係性を維持し続け、昼な夕なこんなにもすばらしい音楽を作り続けていたのですね。思想というほど鯱ばったものでなく、もっとカジュアルな感覚での解放の悦びが刻まれています…。気兼ね無く、仲間と音楽を楽しむだけだったのかもしれませんね。

ラスト・アルバムにして最高傑作の呼び声高い本作の目玉はなんと言ってもThe Bandの大名曲‘I Shall Be Released’の素晴らしすぎるカヴァー。こんなにも嫌味なくこの大名曲をカヴァー出来るなんて。ともすれば過剰な感情が入り込みがちになりそうなこの曲をいともさらりと料理してみせます。アルバム・タイトル通りまるで丘の上で心地よい春風でも受けているような極楽の気分を味わうことが出来ます。他にも数々の名曲をカヴァーしており、書き綴るだけでも、‘Speedo’‘La Bamba’‘Kind Hearted Woman’等…。これらをなんともホンワカとセンスよく演ってみせるのだから堪りません。
ぬけるような青空と広い広い丘陵、眼下にはL.A.の町並みを眺めながら…。そんなシチュエーションで聴けたらどんなに幸せなことか。難しいこと抜きにして最高のリゾート・ミュージックだなあ。

もともと東海岸グリニッジ・ヴィレッジでフォーク・ロック・グループとして活動を始めた彼ら、60年代の後半に近づくにつれ徐々にジャムバンド的な方向にシフトし始め、自身のレーベル「ラクーン」の設立とともに西海岸へと生活の拠点を移したのでした。それからはまさにホームメイドでマイペースな活動を繰り広げ、独特のユル~い味を振りまきながらノンビリやってたみたいです。もうちょっと伝説的要素などが加味されていればデッドと同じくらいの評価と人気を獲得していたかも知れないと思うのは僕だけでしょうか。でも派手な逸話やゴシップみたいなものは似合わないし、適当に、ゆるやかにっていう位がこのバンドにはちょうど良いのかもしれませんね。

ちなみに解散後リーダーのジェシ・コリン・ヤング氏の発表した数々のソロ・アルバムも本当に素晴らしく、惚れ惚れしてしまうようなものばかり。是非お試しください。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-04-04 03:12 | review
2005年 04月 03日
Robert Johnson “Close Personal Friend”(1978)
あの著名なブルース・マンのロバート・ジョンソンは全くの別人です。Bell Heirsというパワー・ポップ・バンドに在籍してたとのこと。その筋には結構有名な人らしいですが、残念ながら僕は知りませんでした。

これは彼のファースト・アルバム(1978)。ジャケット写真が無いのが残念なのですが、見れば分かるように実にキワモノ系。というかキワモノそのもの。何だこのポーズ、そしてなぜにレスポール?やたらとシアトリカルな演出に思わず頬も緩むというもの。ムーン・マーティン辺りを百倍位胡散臭くしたらこんな感じかな?
内容もこれまたヘンテコなパワー・ポップが満載(珠に凄くいい曲が)で楽しませてくれます。それと自身のギターが凄い。B級らしく70'sパワー・ポップの正統を打ち破るヘンテコフレーズ弾きまくり&長尺ソロ。勢い曲も妙に長くなってて。クドいなあ(笑) c0075476_22185089.jpg
驚いたのが裏ジャケに書いてある彼の経歴。
曰く、「メンフィス育ちで、以前はアイザック・ヘイズやアン・ピープルズなどのセッションにギタリストとして参加。スタックスのセッションに参加したりしていた云々…」と。
ホントかいな!?彼らの作品のパーソネルを調べなきゃ。でも、うーん、冗談かな(笑)?その位このアルバムでの音は経歴とかけ離れまくった感じだ…。でもアレックス・チルトンだってメンフィスだし、アーデント・スタジオのシーンというのもあるし、スクラフスという名バンドもいるしな、そう考えると違和感無いか。 …でも変なの。

こういうB級パワーポップみたいなのってあまりにも当たり外れが激しいから最近遠ざかってたんだけどこれを機にまたちょっと盛り上がりそうだな…。悪い予感がします。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-04-03 22:27 | review
2005年 03月 18日
Sonic Youth @ Shibuya O-East (Mar 16, 2005)
c0075476_128079.jpg高校のときから聞いていたけど、意外とライブは初めてだったりする。会場も初めてだが、意外と狭かった。
にしてもこの人たち、十数年前とそんなに見た目変わらないですね。特に男性陣の格好のダサさ。サーストンにいたっては若干寝癖ついてたし。USインディーの伝統ですね、是非続けていただきたい。(オルーク氏はお洒落っぽいが)
そんなわけで、『Kool Thing』での熱狂を前に、ここは一体どこの何年かと思いましたよ。オルタナ追体験。もちろん懐メロバンドじゃないわけで、新作からの曲も良かったです。このところ近作をあんまり聞いてこなかったことを反省させられました。
更新が滞ってるので簡単だけど書いてみた。ミクシイとやらに客をとられたのかね。
<akb>
[PR]

# by beatken | 2005-03-18 02:17 | review
2005年 03月 12日
End Of The Century (2004)
c0075476_210135.jpg

この映画を初めて見たのは、去年の夏、ニューヨークを旅行中のこと。自分の貧困な英語力じゃあよくわからなかったけど、映像だけでも最高にかっこよくて、それはもうテンションあがりましたよ。
で、翌日CBGBの前を通りかかると花やキャンドルが手向けられていて。映画を見ていたまさにその日、ジョニー・ラモーンが亡くなっていたんですね。うまくできすぎだけど本当の話。

とまあ思い出深い作品なわけですが、日本公開は見逃していて。それがこの度アンコール上映、しかもツアー・ドキュメント『RAMONES RAW』と、おなじみ『ロックンロール・ハイスクール』との3本立てオールナイト+マーキー・ラモーントークショー!ということで、喜び勇んで行ってまいりました。

この『End Of The Century』、内容はというと、メンバーや各関係者の証言を基にしたラモーンズ・ヒストリーです。この類のやつって、だいたいドロドロの人間関係やら裏事情やらが描かれるもんです。バンドなんて長くやってるとまあいろいろありますよね。

わかっていても、ラモーンズの物語、ほんとに悲しい。一本目の『RAW』がお気楽ホーム・ビデオ調だっただけに余計に泣ける。過ぎた事だと気軽に話せるようなものじゃなくて、しかもそんな状態のまま3人も行ってしまったじゃないか。ぜんぜん笑えない。時折流されるライブ映像はどう考えても最高なわけだ。やってることはちっとも変わってない。なのに、南米で数万人もの「未来の無い子供たち」を熱狂させても、帰ったらちっぽけなクラブしか居場所は無い。ああ、やるせない。

ラストでジョニーが、ジョーイへの想いを語る場面があって。二人の関係は最悪でも、結局お互いにとってラモーンズとは自分自身だったから、好く嫌うとかそういうレベルじゃなかったんだろうな。パンクとは生き方だ!なんて、言うのは簡単だけどね。

とまあいろいろ想いをめぐらせていたわけですが、三本目『ロックンロール・ハイスクール』で完全に脱力しましたけどね。爆発して終わりとか馬鹿すぎ!細かいこと考えずギャバギャバがなるのが真理というわけか。ちょうど4人で見に行ったので、そのメンツでバンドでも組もうかな。そういうのって多分にラモーンズ的。

<akb>
[PR]

# by beatken | 2005-03-12 18:42 | review
2005年 03月 11日
Tom Waits “The Early Years Volume 1”(recorded in 1971, first issued in 1991)
しわがれ声の酔いどれ詩人…。さすらいのビート詩人…。人生の哀楽を深いペーソスに乗せて語りかける老成した詩情…。

これは、そんな彼の未だ青く、頼りなげだった頃の貴重な記録である。

弾き語りを中心に淡い感傷が歌い綴られていく。後年のように歌声もまだしわがれておらず、良質のアメリカンコーヒーのように幾分ビターな感傷が、青年のつぶやきと共に切なく織り合う。

彼独特の叙情はすでにこの頃から一級品だ。この叙情に一度はまってしまうと、彼の存在は聞き手の中で別格のものとなってしまうのですよね。このアルバムではそうした部分と若い感傷とがあいまって実にいい味を出してるんです…。

単純に心に染みる、という観点から言えば後のオリジナルアルバム群と全くひけをとりません。しかしむしろ、c0075476_510372.jpgここでしか味わいがたい渋柿のような青臭さを心地よく味わうことこそがこのアルバムの聴き方かもしれません。悩み、哀しみ、笑い…。カリフォルニア、ロサンゼルスに漂う甘い退廃の臭いを届けてくれる気がします。どんな旅行パンフレットを眺めるよりロマンチックなインスピレーションを与えてくれます…。
夜も明けるかというこんな時間に聴いていると、たまらなく想いは膨らみます。

ちなみに、のちのファーストアルバムに収められる楽曲のうち、名曲‘Icecream Man’など数曲の雛形もここで聴けます。そういったことからも、あの名作“Closing Time”にはまってしまった方などは必聴だと思います。
未聴なのですが続編のvol.2もリリースされているらしいので併せて持っていたい作品集ですね。

<しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-03-11 05:11 | review
2005年 03月 11日
Bill Hurley With Johnny Guiter “Double Agent” (1985)
ビート系パブバンド数あれど、インメイツのあの全くシャープじゃない感じがとても好き。重過ぎないビートに乗った妙なモッチャリ感がたまらなくて、よく聴きました。

そのインメイツのヴォーカリストである、ビル・ハーレーのソロアルバムです。この頃は一時的にバンドを辞めてた時期かな?その頃バンドには元エディ&ザ・ホッドロッズのバリー・マスターズが参加してたはず。いやあここら辺の人脈、ゾクゾクしますねえ。
そしてこのアルバムでタッグを組んだのは元ビショップス~ドクター・フィールグッドのジョニー・ギター。(ギャングスタブルースマンのジョニー・ギター・ワトソンとは同名異人です。念のため。)いやあ、これも素敵な人脈。

この面子から行くとバキバキのビート路線を想像されると思いますが、本作はもっと燻し銀路線。
オープニングの名曲‘Reconsider Me’のカヴァーからして渋くきめてます。ゆったりとしたビートに80年代特有の例の音像が乗る様はどうしてどうしてなかなかオツなものです。他の曲もモータウンナンバー、ボビー・ウーマックナンバー等オーセンティックなソウルを見事なアレンジでこなしています。これらc0075476_3251688.jpgがなんとも言えぬこの時代ならではの中庸の味がしみてきて、幸せ。自分のルーツがしっかりしてるからこそ、こういった名曲群を相手にしても、妙に気張ることなくうまくこなしちゃうんだろうな。
とはいってもやっぱり両者とも出自は隠すことが出来ないのかバリバリのビート・ロックンロールを最後の曲に持ってくるあたりは、なにやら嬉しくなってしまいます。

俺たち好きなことを好きなようにやらしてもらうぜ、そんな気張らない男気に満ちた気持ちいい一枚です。

< しばさき>
[PR]

# by beatken | 2005-03-11 03:26 | review